月に1度のおつきあい、生理について見つめ直す。

f:id:aa_1986:20220112234339j:image

 

はい、

ということで生理中です。2日目〜!

 

生理痛は全くなく、そんなに生理の憂鬱がある方ではなかった。

無かったハズ、なのだが…!

 

 

それが生理と関係していると気付くまでの話だったようで!!!

それ、というのも、長年、月イチペースで身体が鉛状に重たくなり動けなくなる症状と付き合っていたんだけど(食を見つめ直してだいぶ軽くなりました◎)、生理真っ最中になる訳ではなく、大抵生理前に来ていたので関係してると思ってなかったんだよね…!

 

そんな事に気づいてから、どうもこの月イチでやってくる恒例行事にそわそわしてしまって、生理の度に「お?今回は鉛になってないぞ?」だとか、「あ、このやる気が出ない感じは生理前に来なかった鉛が少しズレて最中にやってきた感じ?」だとか意識するようになってしまい。若干、面倒なモノに変化しているのです。

 

 

産前一度布ナプキンに変えたものの、出産後育児以上の面倒を増やしたくなくて(洗ったり)断念。

紙ナプキンで何も問題なく過ごしていたんだけれど、自分の中で「自然派的生活」が盛り上がってきて、またこの案件をどーにかしたいと思い始めております。

 

どうやら第二次生理ブームがやってきた模様。

 

【動向】としましては、

前回からオーガニックコットンで作られたタンポンに変更

慣れず。

35才にもなって、白い服を出先で汚すというアクシデントをやらかす(幸いコートで隠して帰宅できた)

 

懲りずに今回もタンポン再挑戦。

慣れず。2日目だからか吸収キャパを超え決壊。

 

タンポン=日中替えないでオッケーくらいのイメージなんだけど、そこが認識として間違ってるのかしら。

 

 

ということで、今また布ナプキンに戻ってみている。

 

が、しかし

布ナプの準備がいまいち整ってなくて、どうも不十分な感じが…笑

前回挑戦していた時は中々快適だったからそうである予定なんだけど、出産によって若干状態が変わったのよね、。元々量が少なかったのに、3倍くらいに増えてしまったので未だに掴みきれてないーうむー。

 

今気になるのはシリコンカップのやつ(名前ど忘れした)。膣内に直接入れて1日変えなくていいらしい…!!

 

違和感がないならそんなに良い話ないけど、シリコンを体内に入れるのってどうなんだろかーと迷ってる(タバコは吸うくせに笑)。

 

さて、今回の生理ちゃんで何か掴めるのか。

はたまたまた見送りか。

今年はこちらも探っていこうと思うので、赤裸々に次回に続く…!という形にします!

 

 

ちゃんと、流行りにのってみる。

世の中でドカンと流行ると、斜に構えて

「あーなんかすごい流行ってるみたいだよねー」と言いながらも、流行が落ち着いた頃に気になり出す私。

 

今日、今更ながら

カメラを止めるな!を観た。

 

面白いですね!!

おもしろかったーー

 

なんか…斜に構えてて一歩距離を置くことに意味はあるのか、自分よ、と反省?したよ笑。

 

流行ってるという事は意味があるということだもんな。これからは素直に乗っかっていこ、、

あまのじゃくしてたら勿体ないのかもしれない。ありがとうカメ止め、、自分を見つめ直しました…!

 

“斜めに見てた流行り“の中にビーズアクセも入ってるんだけど、最近になって気になり始めて作りたくなったもんで、先日ビーズを買ってきた。

斜に構えるクセに結局乗っかりたくなるんだから、遅いだけみたい笑。なんか、うけるね。

 

知った気になってないで、まず自分でもやってみよー。百聞は一見にしかず。

 

時代にアンテナを張る、

今年の目標にもう1つ加えようと思います。

 

.

年が新しくなると自分の流れも新しくカジを切り直しやすい。

 

という事もあって、隙間時間を使って映画をバスバス見ています。

 

10代後半〜20代前半と映画をめちゃくちゃ観ていた時期があって、その頃の波がまた来たかもしれない。

 

映画と本とマンガと場所と、

食べ物だとか、もーそーゆーの全部

楽しいこといっぱい溢れてるんだもんな。

 

触れるものが増えるだけ人生は鮮やかになるんだね。

 

 

 

あたらしい年

f:id:aa_1986:20220109104940j:image

 

2022年になって10日近く経ちますが、

あけましておめでとうございます。

 

今年は市内湖で初日の出と富士山を見たり、

着物で初詣へ行ったり、

先日の雪で雪遊びをしたり海を見に行ったりと、なんだかTHE冬休みのような年末年始を過ごしていました。

 

新年にたてた目標は【昨年わいた沢山の興味を、細々と継続していく】こと。それが1番かな。

毎日じゃなくてもいい、1年を通して興味を持ち続けること。

まずは一度でいいからやってみること。

 

小さく続けていく中でそのうち何かに膨らんだら楽しいなー!と思っています。

 

今は

・年末にお迎えしたミラーレスOLYMPUS PENとのカメラ生活

・1日1イラスト

・英語日記と中学生文法の復習

・ネイル100チップ

などを日々の中に加えてみています。

元の生き方からゆるく自然派生活にシフトしていったように、気づいたらコレをするのが当たり前!みたいになってたらいいな!

 

なんだか趣味が溢れて忙しくなっているけど、色んなことを気まぐれにフラフラと移り気に自由にやっていこー!

 

 

.

仕事から離れ完全なる専業主婦生活も、早いモノで3年半近くなりました。最近思うのは、この時間はプレゼントされた贅沢な時間なんだろうな、よく聞くけど本当だな、ということ。

 

社会から切り離されて子供と2人ぼっちみたいな生活に不安を感じていたけど、こんなにもただ自分と向き合える時間を長時間過ごせるだなんてなんてスペシャルなんだろうと今は思う。

 

人の中で過ごすとどうしても自分を見失ったり、誤魔化したりして過ごしていたから、ブレブレだった私にはどうしても必要だったみたい!自分的に出産以後すごく大変だったけど、結果オーライでとても良かった◎

自分はなるべくしてこうなったんだろうな〜と今は思います。

 

 

さて、このブログもどうやって使っていこう。

なんつーか、結局ただの日記になりそうな予感バシバシ、笑。

まぁ、いいや。自由にフラフラと、私という人間のスクラップみたいな感じになると思います。気まぐれに気長にゆるゆると続けよう。

 

 

 

 

SNS断捨離をしてみる

SNSを眺める事を手放す実験をしている。

InstagramTwitterFacebookは数年前に退会済)のアプリを削除

②投稿など使う理由がある時はネットから繋ぐ。タイムラインは見ない。

 

この2つに切り替えただけで、ぐんとSNS時間が減った。ダラダラと無駄に眺めて1〜2時間経ってしまう、という事はゼロに。

元々SNSから絶対的に必要な情報は得て無かったので、私にはちょうど良い距離感。

 

この距離感で、しばらく様子を見てみようと思う。

どうも何となく元気が出ない気だるい日の対処法

生理前だからか満月が近づき始めたからか、なんとなく元気が出ない今日。

 

趣味の編み物やら最近始めたピアノやら仕事の何かやら、何かを始めようとしてもどうにもやる気が起きず結局始めるに至らずぐだりぐだり。

家事はどうにかやりきったものの、あぁ、お風呂に入るのが、面倒くさい…

といった感じの1日を過ごしていました。

 

近頃はそんな状態の自分を早めに察知して、対処するようにしています。

自分の心身レベルを観察しながら、自分の状態に自分でアンテナを張ってる感じ。

今日は数値低めだなと感じた時には無理しない事にしました。

 

 

なんとなく元気が出ない日の対処法

 

①自分をたいせつにしまくる

何だか気持ちが萎んでいた今日は、食べたいと思ったものを食べたい時に食べて、コーヒーを飲みたい時に飲みたいだけ飲む!(カフェイン中毒レベルに好き、普段はカフェイン摂取控えようとして、どうにか1〜2杯にセーブしてるのです)

そして身体を温める→就寝時は手作りの小豆カイロ×玄米カイロ。首筋と足元。

日中でも眠くなったら我慢せずに昼寝、疲れたら横になる。

バレットジャーナル的に使っているノートに日記を書きたいだけ書く。

ひたすら、がんばらない。ゆるむ。ゆるみまくる。

(息子も、土日遊びすぎたからか朝ゆっくり寝×保育園行きたくないーだったから、無理させないで休みにしちゃった!子育てのモットーは“3才までは、息子の心の声を第一に聞くこと“にしています。自分は幼少期で培われなかった自己肯定感を息子には贈りたい。)

 

②テンションの上がるマンガや映画、ドラマを見る

 

本日はマンガを。グダグダとPinterestを眺めていたら見つけたこちら。

f:id:aa_1986:20211214002009j:image

最高!!だいすき!

 

f:id:aa_1986:20211214002024j:image

ちなみにこちらのドラマもおすすめ。鳥肌レベルでツボだった。

 

よく考えたら昔から、落ち込んだ時は自分軸整いまくった女子が主人公の作品に触れてパワーを貰っていたな。下妻物語とか、キューティーブロンドとか、ヘアスプレーとか、ご近所物語も。(今思うとご近所物語の最終巻の最後のページ、「欲しいのはハッピーエンドじゃない。鍛え抜かれたハッピーマインドだ」って名言ですね)

 

 

そんなこんなをしながら、とことん自分に甘く、そして息子にも猫にも甘く過ごします。

 

気力が戻るのが明日の朝なのか、明日中のいつかなのか、はたまた数日後なのかわからないけど、身体と心の声に耳を傾けながら、いつもより丁寧に自分と向き合うような。

 

自分なりの対処法を見つけてから、気だるい日=ダメな日、と思わなくなりました。

まぁ、そんな日もあるよね!ぐらいな感じ。

 

さて、小豆と玄米のカイロ達で暖まりながら(ついでに息子と猫たちの熱ももらいながら)ゆっくり寝よう。今日も一日おつかれさまでした!

 

 

 

 

「エマさん、コミュニケーションのある買い物を覚える」の巻

f:id:aa_1986:20211211161357j:image

 

サザエさんみたいなお使いに憧れつつ、

長年、自分にコミュ力ないですレッテルを貼り続けていたので個人店が苦手だった私。

 

買い物や食事から世間話に花が咲いて常連になるなんてすてき〜〜〜!

そういう生活したいー!

お店の人と仲良くなるなんて憧れる!

と思いながらも、

はて、何をどうやってどうしていけばそうなるのやら??

と、頭デッカチに考えすぎて。

いざお店に行くタイミングになると、つい面倒のないチェーン店を選んでしまっていた。

 

小さなお店って入る時点で緊張するし、

飲食店なんかは席に通してもらうまでどうするのが正解なんだか分からず、何だかそわそわしてしまうんだよね…というのが、本音の所。

 

 

でも最近、個人店の面白さがわかってきた。

というか、自意識過剰すぎた私のソワソワ意識を遠くの方に放り投げてみたら、肩の力を抜いて、余計な事を考えずにほいっと出来る様になったんだと思う。

 

今日は精肉店とスパイス屋さんでお使いを。

「ひき肉500gと、豚バラ200gと、鳥もも200gお願いします〜ちなみに200gってどれくらいですか?」

「オリーブオイルの大1瓶ください〜」

「へー!新しく出来たのかと思ってました…!もう3年以上前からあったんですね!

えーまた来ます〜!今度はお茶しに来ますー!え!エコバッグ、いいんですか!」

とか何とか言いながらするお使い。

 

なんか、嬉しい。

お使いの帰り道、心がほっこりする。

足取りもなんだかゴキゲン。

 

 

そうか、個人店での買い物や食事って、心を感じる事が出来る場所なんだなぁ。

プラスアルファのコミニュケーションって、生活が鮮やかになるんだ。

 

 

f:id:aa_1986:20211211173213j:image

 

サザエさんっておっちょこちょいでそそっかしくて…そんなイメージ全然なかったけど、主婦の鏡なのかもしれないな〜と思った今週のエマさんなのでした。

 

じゃんけんぽーん!

うふふふふふふ

 

 

 

 

このロクでもない素晴らしき世界

近頃、ほぼ子供番組しかテレビを見なくなり、ラジオか音楽ばかり聞いている。

 

どうにも、テレビのニュースはゲスい話ばかりで、取り入れるに堪えられなくなってしまったのだ。

殺人やら、火事やら、事故やら。

謎のコロナ対策、役に立たない政治家、世界情勢もなんだかなぁ。

 

明らかに気象変動してるのに、「今日は11月中旬のような過ごしやすい陽気です」と能天気に読み上げる天気予報も見るのがキツくなってきた。例年の冬ってこんな感じだっけ?!日差しがジリジリして帽子かぶりたい・・と思うような時期じゃなかったはず。子供の頃は11月頃から通学に手袋マフラー必須じゃなかったっけ・・・?!

何も、毎日の天気予報で気象変動の危機を訴えかけなくてもいい。そんなことしてたら、それこそコロナの不安煽り報道の様になってしまうだろうし。

でも、多少疑問提起をしてくれても良いのでは・・?ここ数年、年々増して手にとるように気候がおかしくないか?私はメリハリのある日本の四季が大好きなの。それがおかしくなっているのは、とても悲しい。

 

加えてバラエティも、消費を促すようなものばかり。コストコの人気商品〜、やら、大手ファミレスの人気メニュー〜やら。料理番組も電子レンジを使ったメニュー紹介がやたら目について、自然派生活情報をゆるゆると取り入れてから見ると、真逆のことがTVで情報拡散されていて、疑問を感じる場面が多すぎてキツくなってくるのだ。

 

 

昔からニュースを見て腹をたてる事は多かった。中学生から続けた長年毎晩書いていた日記には、そういった類の事も頻繁に書かれ、一つのニュースに疑問を感じ、悲しくなり、怒りを感じ、ひどい時は1週間程引きずっていた様に思う。

 

「悲しい気持ちになるなら、見なきゃ良いじゃない」と母親に言われるも、

【だって知らなくちゃ、何が起きているのか。無関心のまま無視しているのが良い事なの?】と答えていた。

 

その後結婚し、ニュースで落ち込みまくる私に旦那にも言われた。

「たとえ知ったところで自分に何が出来るか。その事で自分が乱されるなら、知る事よりもご機嫌に暮らす事の方がよっぽど良い社会に繋がる」

 

その時は、腑に落ちてなかった。

苦しみや悲しみの真っ只中にいて、それが今なお継続中の人が居るのに、自分はその事実を知ろうともせず、ヘラヘラと自分ことだけ考えて暮らしてるなんて、やっぱり違くない・・?!と思った。

 

でも、長引くコロナ問題で色々な事を考えて考えて、考えて。悲しくなって、泣いて、怒りを感じて、それを原動力に行動してみた今なら母親と旦那に言われた事の真意がわかる。

世界規模の大きすぎる問題に、振り回されて自分が心不安定に暮らすと、世界どうこうの前に自分の周りの世界(家族、友人、猫、etc)まで平和でなくなってしまう可能性があるのだ。

 

そんな悲しいことはない。

 

世界平和の為には、自分の世界を平和にすること。そうすると、自分の周りの人の世界も平和になっていって、その輪がどんどん、どんどん、どんどんと大きくなり、いずれ世界中を、地球上を包むほどの輪になるかもしれない。

 

自分がどんなフィルターを通して世界を見るか。それによって、怒りと悲しみに包まれた絶望的な世界となるか、'ライフイズビューティフル'な世界になるか、変わってくるらしい。

 

 

このロクでもない素晴らしき世界を、

ロクでもないけれど、生きることはこんなにも素晴らしいのだ、と。

 

楽しいことと、うれしいこと、幸せなことを、

小さなサークル(輪)からどんどんと広げて行って、全ての人が自分らしく。

それぞれの自分らしさを認め合いながら、光に向かって進んでいけるように。